ちよだ未来プロジェクト(H29 - H38)の内容

10年計画で提示しているもの
 

60億円かけて新設が決まっている

四番町複合施設はこの中には入っていません。 参考:四番町・平河町

※注釈①~⑭はあくまで推計であって、もっと予算のかかるものもあれば、かからないものもあるとのことです。

(目下千代田区が、約60億円かけて改築を強行しようとしている「四番町複合施設(保育園棟と図書館棟)建てかえ計画」の建設費はこの金額の中に入っていません。万世橋地区で再開発に乗じて建て替えようとしている万世会館(陳情および委員会集約)および清掃事務所の設計費・建設費 (注)。議会が早期に整備することを求めている「障害者の親亡き後の住まいを含む拠点施設」 委員会決議ご参照の建設費もこの中には入っていません。これらが入ってくると600億~700億円に膨らんでいくことが予想されます)。

​(注)  万世会館と清掃事務所に関しては「ちよだ未来プロジェクト」P100ご参照

ご参考:千代田区は、公有財産の更新費用として、今後、年平均約60億円が必要になると試算しています。

その内訳は、施設建設費は42億円、道路橋梁費(土木費)は18億円と見積もっています。

 

平成29年 約 73億円

平成30年 約119億円

平成31年  約101億円

平成32年 約109億円

平成33年 約100億円

 

まちみらいプロジェクトに沿って施設整備を進めていくと、

上記のように基金を繰り入れる予定とのこと。

平成33年度の基金残高は、約550億円になる予定とのことです。

(平成29年予算概要233ページ

「平成29~33年度の財政フレーム(一般会計ベース)」より)